フォーポイントバイシェラトン函館宿泊記(目指せプラチナ)

函館100万ドルの夜景 プラチナチャレンジ2020!
この記事は約7分で読めます。

今回は、昨年から宣言していたマリオットプラチナチャレンジ16泊中の15泊分をフォーポイントbyシェラトンにて宿泊してきましたので記事にさせて頂きます。

自宅から羽田空港までは電車で移動

今回は羽田空港まで電車を利用しました。

最寄駅である上尾駅に到着した電車がたまたま上野東京ラインだったので、新橋>浜松町まではJR線を使用して、浜松町>羽田空港第二ターミナルまではモノレールを利用しました。料金的には京急を利用した方が良いのでしょうが、モノレールだと旅行気分が盛り上がりますからね。

ちなみに羽田空港駅ではJALカードを専用の機械にタッチして20マイルをGETしておきました。

■交通費 自宅>羽田空港 ¥1,440

羽田空港到着後は搭乗券を発券してカードラウンジに移動

羽田発函館行きの搭乗券

羽田空港第2ビルに着いたら、まず最初に有人の発券カウンターに向います(3⃣が目印)。

今回は往路についてはユナイテッド航空のマイレージプラスを利用して特典航空券を利用しました。その為、有人の発券カウンターにて搭乗券を発券してもらう必要がある為です。当日、有人発券カウンターは混雑しており15分程並びました。

保安検査場をチラッと見るととても混雑しているようでしたが、時間が少しあったので空港のカードラウンジに向いました。

カードラウンジを後にして、搭乗口に移動

カードラウンジに入る為には当日利用する搭乗券と提携クレジットカード等が必要ですが、今回プライオリティーパスを提示した所、受付してもらえませんでした。知らないとはいえ勉強になりました。その為、以前利用した事があるspg AMEXを提示して入室しました。

15分程、休憩させて頂いたら搭乗口に移動する為に保安検査場に並びます。これが混雑していて40分程並んでしまいました。JGC&SFCになるとこんな苦労はしなくなるのでしょうか?それだけでも、マイル修行する意味はあるんでしょうね…子供ずれでこの渋滞は勘弁して欲しくなりますね。

何とか、搭乗口に到着して後は飛行機の出発を待つのみです。

函館行き飛行機の様子

函館空港に到着したらホテルまでシャトルバスにて移動

羽田空港>函館空港は約1時間20分程のフライト時間で定刻に出発したのですが、羽田空港の離着陸が混雑しているとの事で10分程遅れて函館空港に到着しました。

函館空港 到着ロビーにある看板

函館は雪が積もっていました。寒いとはわかっていたので防寒対策は万全です。直ぐに空港からシャトルバスに乗り込みます。たまたま、到着便を待っていたシャトルバスが函館駅経由だったので乗車しましたがバス車内の料金案内を見ると空港と函館駅を直通で結ぶ快速シャトルバスがある事が分かりました。

函館空港の受付嬢に確認したのに教えてくれなかったよ…まあ、仕方ありませんね。通常のシャトルバスだと函館駅に到着する前に何駅か停車してから到着します。
20分程で函館駅に到着しました。

■通常シャトルバス ¥450(現金のみで後払い)

■快速シャトルバス ¥300(函館空港>函館駅 直通運転)

函館駅からホテルまでは徒歩1分

JR函館駅の様子

函館駅のロータリーに面した場所に今回の宿泊先であるフォーポイントbyシェラトン函館があります。
道路に雪が積もっているので慎重に徒歩移動してホテルに到着しました。

フォーポイントバイシェラトン函館の外観

チェックイン&アップグレード結果

フォーポイントバイシェラトン函館 玄関の様子
ホテル正面エントランスの様子

正面エントランスを入ると正月用のディスプレイが飾られていました。
また、チェックインカウンターには鏡餅も置かれていました。

ホテルのチェックインはとてもスムーズでした。
15連泊という事もあり部屋のアップグレードはありませんでした。まあ、仕方ありませんよね。

但し、レイトチェックアウトは14時まで可能と言われました。早く帰る予定でしたので、今回は利用しない旨をお伝えしました。

部屋の様子

室内はコンパクトにまとめられていましたが、狭さは感じませんでした。内装&備品のレベルが高く、この値段で関東圏にあれば、また宿泊したいと思いました。
関東にもフォーポイントが出来ないものでしょうか?

フォーポイントバイシェラトン函館 室内から玄関側の様子
室内 入口側の様子

クローゼットは右側にあり、大きな鏡もありました。クローゼットはオープンなタイプでした。
この部屋はルームキーを挿す場所がありません。なので、電気をつけたまま部屋を出てもそのままになっています。
外出する際は不要な電気は消して行きましょう。
アメニティに関してはヘアドライヤーが設置してあり、一通りは揃っていると思います。

写真では見え無いですが、浴槽の底には滑り止め加工もされていました。
また、トイレはTOTOウォシュレットの高級機種が設置されていました。これは素直に嬉しかったです。

フォーポイントバイシェラトン函館から見た夜景
客室から見た夜景

ホテルから眺める夜景はとても素敵でした。船もライトアップされていますね。

帰路は函館ライナー&北海道新幹線にて帰宅

帰路については、いろいろ検討した結果函館ライナー&北海道新幹線を利用して帰宅する事にしました。

当初はユナイテッド航空の特典航空券にて帰宅しるつもりでしたが、枠が埋まっているのか発券出来ず、さらに往路予約時には5000マイルにて発券できていたものが、搭乗から1か月以内の発券だと8500マイルに増えることもあり今回は別の手段を取る事にしました。

最初はJAL&ANAに有料で乗ろうと思っていたのですが、運賃がとても高いので直前までskyscannerにて値段の確認をしていました。直前になっても値段が変らない為(約2万円くらい)鉄道にて検索した所、『モバイルSuica特急券』なる新幹線料金を発見しました。これは2020年3月で終了してしまうサービスですが、モバイルSuicaでお得に新幹線に乗れると言うものです。今回はこちらを利用して帰宅します。

函館ライナーの乗車券
滞在中に函館駅で購入した乗車券

まずは滞在中に函館駅で購入した通常運賃で乗れる『函館ライナー』に乗車しました。
私の場合は新函館北斗駅での乗換時間が10分程しか無かったので事前に食料等を函館駅のセブンイレブンにて購入しておきました。
ちなみに函館駅のセブンイレブンは5時45分から営業開始です。

実は、『函館ライナー』以外にも『特急スーパー北斗』もあるのですが函館~新函館北斗間の乗車時間が約20分を短い事と『特急スーパー北斗』は別途特急料金&全席指定との事で見送る事にしました。
ちなみに今回の場合『特急スーパー北斗』の方が乗換時間に余裕がありました。

実際に、函館ライナーに乗車してみると混雑もなく非常に快適に移動出来ました。新幹線に乗換する場合は先頭車両に乗車して下さい。乗換で移動する距離が短くなります。

■函館駅>新函館北斗駅 ¥440

新函館北斗駅につくと、新駅の為か非常に綺麗な駅でした。
着いて見てビックリしたのですが、函館ライナーのホームから北海道新幹線のホームに行く為の専用改札が有り、直接隣の新幹線ホームとつながっていました。ですので、乗換自体は5分もあれば可能です。こうして新幹線の写真も取れました。
しかし、途中に売店等はありませんので函館駅にて事前に購入する事をおススメします。
新幹線の車内販売も北海道区間ではありません。青森以降で車内販売が始まりますが、お弁当等の食事はなさそうでした。

新函館北斗駅に停車中のはやぶさ
新函館北斗駅でのはやぶさ

新函館北斗駅を出発した時は車内は空席が目立ちましたが、青函トンネルを通過して本州に入ってから乗客が少しずつ乗ってきました。盛岡駅・仙台駅についた時には満席となりました。

仙台駅の次は大宮駅まで一駅です。
さすがに仙台駅~大宮駅間は混雑していて立ち乗り乗車券にて乗車している人もいました。新函館北斗駅から大宮駅まで約4時間の乗車時間でしたが、意外と快適な移動となりました。
私の場合は羽田空港まで飛行機で行き、電車で戻ってくるより時間はかかりますが1時間くらいの時間差ではないでしょうか?
大宮駅から自宅まで近い事が今回は有利に働きました。今回の修行第一弾もこれにて終了。あとは2月の16泊目を残すのみとなります!

■新函館北斗駅>大宮駅 ¥15,420

■大宮駅>自宅 ¥377

今回の費用総額は

 

フォーポイントbyシェラトン函館宿泊費(15泊) ¥119,610
上尾>羽田空港 交通費  ¥1,440
羽田空港>函館空港 航空券代 無料(特典航空券)
函館空港>函館駅 シャトルバス代 ¥450
函館駅>新函館北斗駅 交通費 ¥440
新函館北斗駅>大宮駅 新幹線交通費 ¥15,420
大宮駅>上尾 交通費 ¥377
合計 ¥137,737

総額約14万円にて15泊する事が出来ました。
今の所、1万円/1泊以下になっていますので良しとしましょう。
あとは2月に予定している最後の16泊目を残すのみです。
その様子もまた記事にしたいと思いますので皆様の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました